勃起不全が起きたりするので、しっかり管理することがだいじ

2016y08m16d_165736522

ミノキシジルタブレットの多毛症の事ですが、全身の毛が濃くなってしまいます。ミノキシジルタブレットは服用型ですから、全身に影響があって、胸毛が濃くなったり、胸毛・ひげが濃くなったりする報告が見られます。あなたの容姿に大きなダメージを与えかねません。

また、性的な副作用も報告されていて、それはなぜかはわかっていません。そもそもミノキシジルタブレットで血行が良くなればペニスに血液が送られやすいですが、勃起不全が報告されていて、今後研究を待っています。

ミノキシジルタブレットは5㎎タイプ・10㎎タイプがあり、容量が多くなれば副作用の発生が高くなりますから注意。一方キャピキシルは男性型脱毛症対策、頭皮環境改善が期待され、育毛剤に含まれる成分で副作用がありません。

これは植物エキス・アミノ酸で生成され、自然界にあり副作用で死亡例はないです。

そして、フィナステリドですが、プロペシアに含まれている有効医薬成分で、脱毛症をピンポイント改善してくれる作用があります。ですが、医薬成分で副作用があります。また胎児への影響は不明で、男性自身も飲んだのではなく、女性が誤って服用したときに起きますから、管理しておけば問題はないでしょう。その一方、勃起不全や精子の減少などがあり、問題になるのがプロペシアを飲む時期と勃起不全の時期が重なることです。

コメントを残す